本文へ移動

藤井聡太二冠が高校を自主退学 今春卒業予定も…将棋に専念

2021年2月17日 08時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太二冠

藤井聡太二冠

 日本将棋連盟は16日、最年少で二冠を達成した藤井聡太王位・棋聖(18)が今春、卒業を予定していた名古屋大教育学部付属高校(名古屋市千種区)を1月末で自主退学したと発表した。連盟によると理由は将棋に専念したいとのことで、昨年秋に退学の意思を決めたという。
 連盟を通して藤井二冠は「タイトルを獲得できたことで将棋に専念したい気持ちが強くなりました。秋に意思を固め、数回学校と話し合いをした上、1月末日付で退学届を提出いたしました。一層精進していく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます」とコメントした。
 藤井二冠は名古屋大教育学部付属中学に在学中の2016年10月、最年少の14歳2カ月でプロ入り。17年に最多29連勝を達成し、社会現象となった。18年4月に中高一貫校の高校に進学した。
 高校在学中の昨年7月、棋聖戦5番勝負を制し、最も若い17歳11カ月でタイトルを奪取。同8月には王位を獲得し、最年少の18歳1カ月で二冠に輝いた。昨年の獲得賞金・対局料総額は4554万円で、全棋士中4位だった。
 今年も1月17日に「第14回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント」1回戦で大石直嗣七段(31)、2回戦で豊島将之竜王・叡王(30)を、今月11日には準決勝で渡辺明名人(36)、決勝で三浦弘行九段(47)を破り、2年ぶり3回目の優勝を飾ったばかり。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ