本文へ移動

中部主要151社、赤字21% 4〜12月期決算、鉄道・外食なお苦境

2021年2月17日 05時00分 (2月17日 05時01分更新)
 名古屋証券取引所に上場する三月期決算の中部地方の主要百五十一社(金融、新興市場を除く)の二〇二〇年四〜十二月期決算が十五日、出そろった。本紙の集計では、最終的なもうけを示す純損益が赤字の企業は21・9%の三十三社。新型コロナウイルス感染拡大の打撃が最も大きかった四〜六月期をピークに徐々に減っている。しかし、苦境が続く業界もあり、業種による明暗がよりはっきりしてきた。
 愛知県に本社を置くトヨタ自動車グループ七社のうち、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報