豊橋市が小学校給食無償化 4月から

2021年2月16日 22時40分 (2月16日 22時48分更新) 会員限定
 愛知県豊橋市は16日、小学校の給食費を4月から無償化すると発表した。2021年度の当初予算案に費用7億6000万円を計上する。文部科学省の17年度の資料によると、小中学校で給食費を無償化しているのは全国で76自治体、小学校のみは4自治体。実現すれば、県内では豊橋市が初めてとなる。
 市内には公立小52校と特別支援学校の小学部1校があり、児童数は約2万人。親は給食費として1食240円を負担しており、無償化で児童1人当たり年間4万5000円ほどの負担減となる。
 小学校の給食費無償化は、昨年11月の市長選で初当選した浅井由崇市長が公約に掲げていた。浅井市長は「教育にお金のかからない街を目指し、子育て家庭の負担を減らしたい」と話している。

関連キーワード

PR情報