【三重】医療従事者先行ワクチン、18日到着 県内4病院、19日にも接種開始

2021年2月17日 05時00分 (2月17日 10時53分更新) 会員限定
 医療従事者向けの新型コロナウイルスワクチンの先行接種について、鈴木英敬知事は十六日、県内で対象となっている四病院へワクチンが十八日に到着すると明らかにした。早ければ十九日にも接種がスタートする。県内での先行接種の実施機関は、国立病院機構の鈴鹿病院(鈴鹿市)、三重病院(津市)、三重中央医療センター(同)と、地域医療機能推進機構の四日市羽津医療センター(四日市市)。鈴木知事は報道各社に対し、「四病院から連絡があった。ワクチンを接種できる環境が整うのはよいこと」と述べた。
 各病院によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧