豊橋市、活性化へまちなか広場 再開発ビル周辺に整備

2021年2月17日 05時00分 (2月17日 10時50分更新) 会員限定
まちなか広場と再開発ビルのイメージ図=豊橋市提供

まちなか広場と再開発ビルのイメージ図=豊橋市提供

  • まちなか広場と再開発ビルのイメージ図=豊橋市提供
 豊橋市は、市中心部の再開発で建設が進む「再開発ビル」周辺に、食や健康、芸術、学びなどを前面に人を呼び込む「まちなか広場」を設ける方針を明らかにした。オープンは今年秋ごろ。一般会計当初予算案に五千八百万円の事業費を計上した。
 再開発が進むのは駅前大通二丁目地区。二〇二二年度に全館開業予定の再開発ビルは地上二十四階建てと二十階建てのツインタワーとなる。中心市街地の新たなランドマークとなることが期待され、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧