原発事故から10年、元京大助教が松本で講演会

2021年2月16日 05時00分 (2月16日 14時56分更新) 会員限定
放射線の危険性を訴える小出さん=松本市中央公民館で

放射線の危険性を訴える小出さん=松本市中央公民館で

  • 放射線の危険性を訴える小出さん=松本市中央公民館で
 二〇一一年三月の東京電力福島第一原発事故から十年を迎えるのを前に、元京都大原子炉実験所助教の小出裕章さんの講演会が十四日、松本市中央公民館であった。小出さんは「汚染に目をつぶらず、加害者と戦うことが必要」と訴えた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧