本文へ移動

可児・大河ドラマ館、笑顔の閉館 最終日に1650人来場

2021年2月16日 05時00分 (2月16日 11時16分更新)
会場を後にする来館者を見送るドラマ館スタッフら=可児市瀬田で

会場を後にする来館者を見送るドラマ館スタッフら=可児市瀬田で

  • 会場を後にする来館者を見送るドラマ館スタッフら=可児市瀬田で
  • 最終日に展示を楽しむ来館者ら=可児市瀬田で
  • 感謝状を受け取るスタッフら=可児市瀬田で
 可児市瀬田の花フェスタ記念公園内に期間限定で開いていた「麒麟(きりん)がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」が十四日、閉館した。新型コロナウイルスの感染拡大で臨時休館や観光客減少といった多数の困難にも見舞われたが、逆境にめげずスタッフらが独自のおもてなしを発案し、来館者を楽しませた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報