本文へ移動

愛知県知事リコール運動の署名不正問題、県選管が刑事告発

2021年2月15日 22時24分 (2月15日 23時38分更新)
愛知県民が開示請求した署名簿のコピー。複数の署名で日付の筆跡が似ている(一部画像処理)

愛知県民が開示請求した署名簿のコピー。複数の署名で日付の筆跡が似ている(一部画像処理)

  • 愛知県民が開示請求した署名簿のコピー。複数の署名で日付の筆跡が似ている(一部画像処理)
 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動で署名の8割超が無効と判断された問題で、県選挙管理委員会は15日、大量の署名が偽造された疑いがあるとして、地方自治法違反の疑いで、県警に容疑者不詳で刑事告発したと発表した。選管事務局によると、告発状は同日受理された。
 県選管の加藤茂委員長は「偽造が行われていたとすれば、民主主義の根幹を揺るがすことにつながりかねず、看過できない」との談話を発表した。
 大村知事は15日の記者会見で...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧