本文へ移動

【東京五輪】森会長後任人事は女性の三つ巴!? ◎橋本聖子〇小谷実可子…大穴で荒川静香さんか

2021年2月15日 13時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
荒川静香さんは大穴候補か

荒川静香さんは大穴候補か

 フジテレビ「バイキングMORE」は15日、辞任した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の後任人事について特集を放送した。後任は、まず新会長の候補を決めるための委員会「候補者検討委員会」(御手洗冨士夫委員長)を設置。早ければ今週中にも新会長を決めたい意向だ。
 番組では候補者として橋本聖子五輪相(56)、JOC理事の小谷実可子さん(54)、スポーツ庁前長官の鈴木大地さん(53)、室伏広治スポーツ庁長官(46)、安倍晋三前首相(66)、荒川静香さん(39)、高円宮妃久子さまを紹介。MCの坂上忍から有力候補について聞かれたスポーツライターの小林信也氏は「先週来の意見から集約して、僕がオススメしているのは荒川静香さん」と持論を述べた。これに坂上が「一番年下!」とびっくり。それでも小林さんは「国際的な組織経験、交渉経験もないです。ただ他の条件は全て持ってらっしゃる」と解説し、続けて「大事なのは今、80%前後の人がオリンピックに反対している都民、国民の皆さんに『やっぱりこれならオリンピックやってもいいかな』と思っていただくこと。そういう意味で素晴らしい方だと思います」と期待した。
 一方、ジャーナリストの鈴木哲夫氏は小谷さんの名前を挙げ「都庁の中で名前が上がっている。都の幹部数人から聞きました。橋本さん、小谷さんあたりで本命を争うという感じ」と自身の取材から予想していた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ