本文へ移動

【DeNA】左肩手術の今永昇太が平地で投球練習再開…三浦監督には状態を報告

2021年2月15日 12時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNAの今永昇太

DeNAの今永昇太

 左肩手術からの復帰を目指すDeNAの今永昇太投手(27)が15日、この日だけ沖縄・宜野湾に場所を移した2軍キャンプで、平地での投球練習を再開した。捕手役に座ってもらい20球。リハビリの段階を上げ、順調な回復ぶりを示した。
 40メートルのキャッチボールをこなした後、20メートルの距離で投球開始。時折助走をつけたり、軸足の左足で立つ時間を長くしたりしながら投げ、入念にフォームを確かめた。投げる前には休日返上で顔を出した三浦監督と話し込み、状態を報告した。
 キャンプ中にブルペンで捕手を座らせるプランを思い描き、リハビリを進める左腕。前々から「目標は設定せずに復帰したところが自分の開幕戦だと思ってやっていきたい」と話しており、開幕にこだわらず着実に歩を進めていく。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ