本文へ移動

「後任会長に安倍前首相」の意見に壇蜜は「交渉力の必要な政治家が選ばれないと、何も進まないと国民も気づいているのかも…」

2021年2月14日 11時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
壇蜜

壇蜜

 タレント壇蜜(40)が14日、TBSテレビの情報番組「サンデー・ジャポン」に出演し、JOC元参事の春日良一さんが東京五輪・パラリンピック組織委員会会長を辞任した森喜朗氏(83)の後任に安倍晋三前首相(66)の名をあげっていることに持論を展開した。
 壇蜜は安倍前首相の名が上がっているのは「交渉力や敏腕さ、実績で、俺たち知り合いだから、世界的に手を組んでやっていこうという交渉力の必要な政治家が選ばれないと、先に何も進まないと国民も気づいているのかもしれない」と指摘。さらに「若手や女性が登用されにくいのは、これからの話が進められるような土台が時代、社会、歴史的にもできてないんじゃないかなと…。国民としてはやっぱりそうだったんだね、と分かっちゃう感じですね」と続けた。
 また、テレビプロデューサーのテリー伊藤は「安倍さんは辞めるときも批判があった。またここに出てくるのか。体力がなかったですよね。今いる人たちはあうんの呼吸の人たちばかり」と安倍前首相の起用を反対。モデル小山ティナ(18)は「森さんからおじさんになった。60代のピチピチになったら私は納得です。(森さんと)20歳離れているから」と期待した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ