本文へ移動

<琵琶湖と生きる> 多様な生物に興味持って

2021年2月14日 05時00分 (2月16日 15時23分更新)
小動物の剥製など展示を引き立てる壁面のイラスト。琵琶湖岸や湖国の里山をイメージしている=草津市の県立琵琶湖博物館で

小動物の剥製など展示を引き立てる壁面のイラスト。琵琶湖岸や湖国の里山をイメージしている=草津市の県立琵琶湖博物館で

  • 小動物の剥製など展示を引き立てる壁面のイラスト。琵琶湖岸や湖国の里山をイメージしている=草津市の県立琵琶湖博物館で
  • 琵琶湖博物館の壁面の原画と、琵琶湖の固有魚を描いたイラストを紹介する洞さん=日野町中山で
 水色の湖面をカイツブリが泳ぐ。湖岸にコナラの木が葉を茂らせ、草陰からはイノシシがひょっこり−。県立琵琶湖博物館(草津市)の体験型学習室「ディスカバリールーム」の壁面イラストは、琵琶湖岸や湖国の里山を表現している。そばに動物の剥製も展示され、多様な生き物が暮らす情景が浮かぶ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧