本文へ移動

JFL昇格 より難関に 今季 入れ替え戦導入  ユナイテッド「全勝目指す」

2021年2月14日 05時00分 (2月14日 10時34分更新)
昨年の全国地域チャンピオンズリーグで競り合う福井ユナイテッドの選手(中)。1勝2分けで予選ラウンドで敗れた=兵庫県洲本市の五色台運動公園「アスパ五色」メイングラウンドで(上田進一さん提供)

昨年の全国地域チャンピオンズリーグで競り合う福井ユナイテッドの選手(中)。1勝2分けで予選ラウンドで敗れた=兵庫県洲本市の五色台運動公園「アスパ五色」メイングラウンドで(上田進一さん提供)

 サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)は今季の大会方式を発表し、例年と異なり降格に関して「入れ替え戦」を実施すると決めた。この影響で北信越一部リーグに所属する県勢クラブにとって、JFL昇格が難しくなった。 (谷出知謙)
 アマチュア最高峰とされるJFLには全国の十七チームが加盟。今季の降格については三通りあり▽最下位が自動降格し、16位が各地域リーグの上位チームによる全国地域チャンピオンズリーグの1位と、15位が同じく2位とそれぞれ入れ替え戦を行う。
 そして▽JFLからJ3へ1チームが入会した場合は、最下位の自動降格がなくなり、16位とともに入れ替え戦へと回る▽J3へ2チームが入会した場合は、最下位が入れ替え戦を実施し、全国地域チャンピオンズリーグの1位が自動昇格する。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨季はJFLの降格がなく、チーム数が増えた。リーグとしては本来のチーム数の十六に戻したい考えもあり、今季に限り入れ替え戦を実施することにしたという。
 例年は全国地域チャンピオンズリーグの1、2位チームが昇格していた。県勢は福井ユナイテッドFCが前身のサウルコス福井時代を含めて過去八回出場したが、いずれも敗退。予選ラウンドを突破して挑む決勝ラウンドに進出したのは過去三回だけで「日本一難しい昇格戦」と例える関係者もいる。
 福井ユナイテッドの服部順一GMは「あと一試合増えるかという思いもあるけど、全勝しなきゃ昇格できない。今季はそういうつもりでやっているから」と受け止めた。

関連キーワード

おすすめ情報