本文へ移動

ダルビッシュから「大丈夫!」お墨付きもらった変化球 中日・又吉が試して手応え「抜け球なくなった」

2021年2月14日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5番手で登板する又吉

5番手で登板する又吉

 超豪華な個別レッスンの成果を発揮した。8回の1イニングを無得点に抑えた又吉は、今月に入ってからダルビッシュ(パドレス)から直接、チェンジアップの握りの助言を受けたことを明かした。
 ツイッターでのやりとりをきっかけに、今月に入って連絡先を交換。「落ちる球の投げ方、意識を教えてくれませんか」と弟子入りを志願すると、ダルビッシュから二つ返事でOK。又吉の投球フォームも動画でチェックしてもらった上で「その投げ方なら、落ちる球を投げられるから大丈夫」とお墨付きをもらったという。
 新兵器が生きたのは1死二塁、柴田を迎えた場面だった。まずはストライクからボールゾーンへの理想的な高さに投げ、空振りを奪った。さらに勝負球にもチェンジアップを選んで遊ゴロに仕留めた。
 手応え十分の滑り出しに「いつもチェンジアップは、引っかけたり抜けたりしていたが、それがなくなった」。“ダル塾"に感謝しきりだった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ