本文へ移動

【中日】根尾&石垣!期待の若手が大暴れ 21年初の対外試合に快勝

2021年2月13日 15時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏2死一、二塁、石垣が左中間に先制2点打を放つ

6回裏2死一、二塁、石垣が左中間に先制2点打を放つ

◇練習試合 中日 3ー0 DeNA(13日・北谷)
 中日が期待の若手による競演で今年初の対外試合となったDeNA戦に快勝した。
 先制は6回だった。1死から「1番・遊撃」で先発出場した根尾昂内野手(20)が浜口の速球を逆方向へはじき返し、左翼線への二塁打。2死一、二塁としたところで「4番・三塁」の石垣雅海内野手(22)が燃えた。その前の2打席ではいずれも凡退していたが、変化球を捉えた打球はワンバウンドで左翼フェンスに到達。2人の走者を迎え入れて2点先制した。
 初回には上茶谷から右前打を放っていた根尾は、8回には砂田の初球を振り抜き、詰まりながらも打球をセンター前へ。いきなりの3安打で、このキャンプで指導を受けている立浪臨時コーチの効果を実証する形となった。
 こうなると先輩の石垣も負けてはいられない。8回、両翼98メートルのライトフェンスを直撃するヒット。走者のまずい判断もあって結果はシングルヒットだったが、もう少しでホームランという一撃。与田監督からは「ずっと4番を打たせようと思わせる雰囲気を見せてほしい」と期待をかけていた5年目の大砲候補も好スタートを切った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ