本文へ移動

森喜朗会長の後任は「資質を満たす方いろいろおられるのではないか」と組織委事務総長【東京五輪】

2021年2月12日 22時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長=代表撮影

東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長=代表撮影

 合同懇談会後に会見した東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長(77)との主な一問一答は以下の通り。
―森会長の辞任を一度は引き留めた理由は
 「個人的な意見を述べたつもりはない。あの時点では、私のもとに多くの関係者からここで会長がもし辞めると準備に支障が生ずる。森会長の続投が望ましいという意見が寄せられていた。私の意見は大勢の意見を伝えることだ」
―辞任が遅いとの指摘もある
 「2月初めにこういう話しになって、そんなに時間がたっていない。遅きに失したとは思っていない」
―川淵さんが後任に浮上した経緯は
 「多少の誤解、行き違いがあったのかもしれない。具体的に組織委で議論したことはなく、川淵さんのことはメディアの方から聞いた。組織委としては定款に従って選定手続きをする。それ以外にありえない」
―新会長に求める資質は
 「時間がたくさんあれば学んでいくこともできるが、そのゆとりはない。ジェンダー平等とかダイバーシティインクルージョン(多様性を認めること)の概念を当初から掲げてやってきた。そういう認識が高い方も必要ではないか」
―橋本五輪相の名前も挙がっている
 「私が質問に答えるのは適当じゃない。一般的な話として、資質を満たす方は大勢とは言わないが、いろいろおられるのではないか」
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ