【FC東京】長谷川監督「練習試合の結果は芳しくないが順調」と仕上がりに自信

2021年2月12日 21時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長谷川監督(資料写真)

長谷川監督(資料写真)

  • 長谷川監督(資料写真)
 FC東京の長谷川健太監督(55)が12日、沖縄キャンプ打ち上げを前に今合宿を総括。オンラインで取材に応じ「(千葉、京都との)練習試合の結果は芳しくないが順調に来ている」とチームの仕上がりに自信を見せた。チームは13日に練習試合を行い、帰京する。
 先月26日に沖縄入りし、戦術の再確認と新たな組み合わせを模索してきた。今季はJ1史上最多20チームでの争いとなり、リーグ戦は長丁場の38試合となる。そのための体づくりにも時間を割き「トレーニングの量、強度、選手の取り組みはいいので、練習事態の質は上がっている」と手応えを口にした。
 悲願のリーグ初優勝に向けて毎年掲げてきたリーグ「55得点」の目標も「60得点」に上方修正した。
 「(FWディエゴオリベイラら)前の3人合わせて40発はいかないとクリアできない。昨季は(MF安部ら)インサイドハーフの得点も少なかった。インサイドハーフがもっともっと得点に絡んでこないと設定数字は超えられない。どんな組み合わせがベターなのかはこれからも探っていく」
 開幕まで残り2週間。「どんなチームにもカチッとパズルがはまる瞬間がある」と長谷川監督。そのチームにとっての“最適解”を見つける仕上げの作業に心血を注ぐ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ