本文へ移動

中日・勝野『一本立ち』宣言 対外試合初戦DeNA戦先発へ「しっかり立てるぐらいにしたい」

2021年2月12日 21時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大きなボールを投げる勝野

大きなボールを投げる勝野

 対外試合初戦となるDeNAとの練習試合(北谷)に先発予定の勝野昌慶投手(23)が『一本立ち』を宣言した。
 「1戦目なので結果も気になるが、今までやってきたことをしっかりと試したい。バランスを意識しているので、投げ終わりに左足でしっかり立てるぐらいにしたい」
 重要視するのはフィニッシュの形だ。体重を捕手方向にしっかりと伝えきることで球の力強さを出したい。そのためには投げ終わった後の左足で真っすぐ立てていることが重要になる。
 ローテの柱としても一本立ちしたい。昨季は4勝5敗。貯金をつくることはできなかった。首脳陣の信頼を勝ち取るべく求められるのは安定感。右のエースを目指す右腕は「相手の反応を見ながら、自分が今どんな感じかを知りたい。その上で結果がついてくればいい」と意気込んだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ