本文へ移動

<墜ちた信頼 小林化工混入問題> (中)製薬の責務置き去り

2021年2月12日 05時00分 (2月12日 15時13分更新)
ジェネリック医薬品の製造過程などが公開された見学会。現場では適切な医薬品の製造・品質管理が果たされていなかった=あわら市の小林化工で

ジェネリック医薬品の製造過程などが公開された見学会。現場では適切な医薬品の製造・品質管理が果たされていなかった=あわら市の小林化工で

  • ジェネリック医薬品の製造過程などが公開された見学会。現場では適切な医薬品の製造・品質管理が果たされていなかった=あわら市の小林化工で
 後発医薬品(ジェネリック医薬品)の普及、拡大とともに成長してきた小林化工。設備を増強し、従業員も増やし、売上高はここ十年で二倍以上に伸ばしてきた。だが、睡眠導入剤成分の混入事故をきっかけに、法令に基づいた医薬品の製造・品質管理が果たせていない実体が明らかになった。目を見張る急成長の一方で、製薬会社としての責務が置き去りにされていた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報