本文へ移動

厄災鎮める舞、始まる 鈴鹿・椿大神社、獅子神御祈祷神事

2021年2月12日 05時00分 (2月12日 11時11分更新)
緩急ある舞が披露された「獅子神御祈祷神事」=鈴鹿市山本町の椿大神社で

緩急ある舞が披露された「獅子神御祈祷神事」=鈴鹿市山本町の椿大神社で

 鈴鹿市山本町の椿大神社で十一日、奈良時代から伝わる獅子神楽「獅子神御祈祷(きとう)神事」が始まった。今年は三年ごとに営む「舞年」で、厄災を鎮めるとされる舞が週末を中心に四月十二日まで一帯で繰り広げられる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報