本文へ移動

名古屋市、通院無料18歳まで拡大 来年から、政令市で初

2021年2月12日 05時00分 (2月12日 05時01分更新)
 名古屋市の子ども医療費無料化のうち通院について二〇二二年一月から、対象が十五歳から十八歳に拡大される。入院はすでに十八歳までになっている。市によると、自己負担や所得制限を設けずに十八歳までの入通院の医療費を無料化するのは、全国の政令市では初めて。県内では七市町村が実施している。 (中山高志)
 この制度では、医療費のうち保険診療の自己負担分が実質的に無料となる。〇八年八月に...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧