本文へ移動

リニア乗り換え駅「新交通システムで接続」 伊那谷自治体会議で飯田市長

2021年2月10日 05時00分 (2月10日 14時58分更新)
乗り換え新駅の方向性について説明する飯田市の佐藤市長(手前)=飯田市の県飯田合同庁舎で

乗り換え新駅の方向性について説明する飯田市の佐藤市長(手前)=飯田市の県飯田合同庁舎で

 県と伊那谷の自治体などでつくる「リニア中央新幹線整備を地域振興に活(い)かす伊那谷自治体会議」が九日、飯田市の県飯田合同庁舎で開かれた。同市の佐藤健市長は、これまで会議で検討してきたリニア県駅と接続するJR飯田線の乗り換え新駅の設置について「設置ありきではなく、既存駅と新しい交通システムで接続する方法を検討したい」と提案。新しい交通システムの可能性について市が引き続き調査、報告することを条件に了承された。(寺岡葵)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧