豊橋鬼祭、ARアプリで「門寄り」 豊橋技科大とIT企業開発、11日公開

2021年2月10日 05時00分 (2月10日 12時01分更新) 会員限定
開発途中のアプリ「おにどこ」。街中の画像が映し出されて祭りに参加したような気分を演出する=ウェブインパクト提供

開発途中のアプリ「おにどこ」。街中の画像が映し出されて祭りに参加したような気分を演出する=ウェブインパクト提供

  • 開発途中のアプリ「おにどこ」。街中の画像が映し出されて祭りに参加したような気分を演出する=ウェブインパクト提供
  • スマホを活用したAIR門寄りでは赤鬼が自宅に立ち寄ったかのような写真が撮影できる=ウェブインパクト提供
  • AIR門寄りのためのARマーカー
 豊橋市の安久美神戸(あくみかんべ)神明社で毎年2月に営まれる天下の奇祭「豊橋鬼祭」。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、規模を縮小した上で一般参拝を中止する。自粛ムードが強まる中で、地元の豊橋技術科学大とIT企業が、感染予防に努めながら参加できる新しい祭りのあり方をタッグを組んで模索している。 (酒井博章)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧