本文へ移動

鳥インフルエンザの再発防げ 県が対策に着手

2021年2月10日 05時00分 (2月10日 12時24分更新)
ため池に防鳥糸を張る県職員=恵那市内で(県提供)

ため池に防鳥糸を張る県職員=恵那市内で(県提供)

  • ため池に防鳥糸を張る県職員=恵那市内で(県提供)
  • 野鳥との接触注意を呼びかける立て看板=山県市内で(県提供)
 先月二日に美濃加茂市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザを受け、県は再発防止対策に着手した。発生源として飛来する野鳥がウイルスを媒介している可能性があり、ため池に防鳥糸を張るほか、人の接触を避けてもらう呼び掛けに力を入れる。 (安福晋一郎)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧