本文へ移動

元SMAPの森且行は復帰まで1年程度と発表 落車事故で骨盤と腰椎骨折し3度手術【オートレース】

2021年2月9日 14時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
森且行

森且行

 1月24日に落車事故で腰椎や骨盤を骨折した元SMAPでオートレーサーの森且行(46)が復帰するまで1年程度かかると見込まれることが9日、公益社団法人JKAから発表された。
 森は福岡県飯塚市の飯塚オートレース場で行われたG1開設64周年記念の第11レースで転倒。いったんは同県内の病院に搬送された後、都内の病院に転院した。骨盤と腰椎の骨折と診断されており、計3度の修復手術を受けていた。
 新型コロナウイルス感染防止の観点から本人への面会が制限されているため、森の実兄がコメントを発表。「このたび、いつも応援して頂いている皆さまには状況をすぐにお知らせできずに大変ご心配をおかけ致しました。医療スタッフの方々の手厚いサポートのもと無事に手術を終えることができました。本人、家族ともども治療に専念して参りますので、温かく見守っていただければ幸いです。今後も森且行への応援をよろしくお願い致します」とした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ