本文へ移動

森公美子が涙をこらえ声を震わせPR ミュージカル「GHOST」は泣けます

2021年2月9日 13時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
再演組は少し余裕がある。左から浦井、咲妃、森

再演組は少し余裕がある。左から浦井、咲妃、森

 ミュージカル俳優の浦井健治(39)、森公美子(61)らが9日、東京都内で、ミュージカル「GHOST」(ダレン・ヤップ演出)の製作発表会見に出席した。
 1990年に公開された映画「ゴースト/ニューヨークの幻」のミュージカル版で、18年の日本初演から約2年半ぶりの再演。暴漢に襲われゴーストになった銀行員サム(浦井)と、生前の恋人・モリーを中心とした物語。ヒロインのモリーは咲妃みゆ(29)と桜井玲香(26)のダブルキャスト。
 浦井と咲妃、霊媒師のオダ・メイ役を務める森は初演から同役を演じる再演組。森は「前回はもういっぱいいっぱい。今回は少し余裕があって、踊れる霊媒師になります!」とにっこり。また作品については「19年に亡くなった母が『おばあちゃんを思い出した』ってこの作品で泣きじゃくって帰ってきた。急に誰かを思い出すこともできて、その人も浮かばれるんじゃないかな」と涙をこらえ、声を震わせた。
 浦井は「人に寄り添う気持ちや、心と心のつながりを信じていいんだ、人は1人ではないんだというメッセージを伝えたい。この時期だからこそ伝えられるメッセージがある」と力を込めた。
 上演は3月5~23日まで東京・日比谷シアタークリエで、4月4日に愛知県芸術劇場大ホール、4月9日から11日まで大阪・新歌舞伎座で行われる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ