本文へ移動

復興願い、コロナ収束願い 名鉄百貨店、オンライン宮城物産展

2021年2月9日 05時00分 (2月9日 09時39分更新)
「めいてつの宮城県ご自宅便」で購入できる商品=名古屋・名駅の名鉄百貨店本店で

「めいてつの宮城県ご自宅便」で購入できる商品=名古屋・名駅の名鉄百貨店本店で

 名鉄百貨店は十日から、宮城特産の食品をお値打ち価格で通信販売する「めいてつの宮城県ご自宅便」の取り扱いを始める。宮城県との共同企画で、新型コロナウイルス禍で売り上げが落ち込む事業者を応援するとともに、三月で発生から十年となる東日本大震災の復興支援の思いを込める。
 名鉄百貨店では一九六五(昭和四十)年から毎年、宮城県の物産展を開催してきた。今年も一月に、五十七回目の開催を予定していたが、コロナで中止に。このため、オンライン通販で対応することにした。
 ふかひれの姿煮が入ったラーメンやずんだ餅、食べ比べできる四種の米の詰め合わせ、笹(ささ)かまぼこなど約百点の商品を用意。送料込みでメーカーの想定価格の三割引きで購入できる。割引分は宮城県が負担する。
 百貨店担当者は「宮城ならではのおいしいものばかりを集めた」とアピール。宮城県の担当者は「震災復興を支援する意味でも愛知県周辺の皆さんにも味わってもらいたい」と語る。
 商品は、名鉄百貨店の「めいてつオンラインショッピング」(会員登録が必要)で購入できる。三月二日までで、予定数量がなくなり次第終了。贈答用の包装には対応していない。 (鈴木啓太)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報