本文へ移動

『桑田式ピッチング』に取り組んだ巨人・戸郷「こういう意識なら…レベル上がる」心拍数上げて制球力養う

2021年2月8日 19時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルペンで桑田コーチ(左)と話す巨人・戸郷

ブルペンで桑田コーチ(左)と話す巨人・戸郷

 巨人の戸郷翔征投手(20)が8日、「桑田式ピッチング」に取り組んだ。桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)の強化指定選手に指名されている右腕は、ブルペンに入る前、こう言われた。
 「俺に時間をくれ」
 ブルペンで最初の30球は、10球投げてひと休みという形を3セットやるように指示された。そしてその10球は速いテンポで投げ、何球いいボールを投げられるか、そういう意識を持って投げるようにも言われた。
 これは、桑田コーチが現役時代にやっていた練習だった。速いテンポで10球投げる意図は「試合ではカバリングやセーフティーを仕掛けられたりして、ちょっと心拍数が上がっても普通に投げられるように」と桑田コーチ。さらには「制球力を高めるには短時間で投げて体に覚え込ませるのが大事」とも説明。それを、戸郷にやらせた。
 結果は、思うようにいかなかった。「いいボールは(3セットとも)10球中1球しかないな、って言われました」と戸郷。それでも、この練習はこの日に始めたばかり。今後も「取り入れてやっていきたい」という右腕は「こういう意識でやっていったら、コントロールもレベルも上がると思います」とも話した。桑田コーチには「10球中8~9球投げられる能力はあるから、そこを目指してやれ」と叱咤(しった)激励されたといい、戸郷も意識を高くしていた。
 桑田コーチが強化指定選手にしてくれていることには「僕の面倒を見ていただき、そうやって指導してもらえて、ありがたいです」と意気に感じている。14日の紅白戦が初の実戦になる予定。どんどんギアも上げていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ