三重で初の感染者確認 武漢に帰省中、感染か

2020年1月31日 01時00分 (5月27日 04時34分更新)
 三重県は30日、中国・武漢市出身で県内在住の50代の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたと発表した。県内の病院に入院しているが容体は安定し、快方に向かっているという。
 県内では初めて。県は「潜伏期間を踏まえると、国内での感染が疑われる事例ではないとみられる」としている。
 県によると、男性は昨年12月24日から1月13日まで武漢市に帰省していた。13日に帰国したが、25日から38度台の熱が出始め、27日に救急搬送されて県内の医療機関を受診した。
 インフルエンザ検査が陰性だったため自宅療養となったが熱が下がらず、29日に再び医療機関を受診した。肺炎とみられる所見があり、県保健環境研究所でウイルス検査を実施。30日夕に陽性と判定された。県によると、男性は武漢市滞在中、感染者が多発している市内の海鮮市場には立ち寄っておらず、肺炎患者とは接触していないと説明しているという。
 県は今後、男性に対して詳細な聞き取り調査を行い、濃厚接触者を特定する。これまで、男性の周辺で症状が出ている人は確認できていないという。

関連キーワード

PR情報