中国の感染者1万人超える 英国とロシアにも拡大

2020年2月1日 16時00分 (5月27日 04時34分更新)
 【北京=坪井千隼】新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、中国国家衛生健康委員会は一日、国内の感染者が一万人を突破し一万一千七百九十一人に、死者が二百五十九人になったと発表した。重症者は千七百九十五人、感染が疑われる例も一万七千九百八十八人に上っている。
 中国本土以外では、一月三十一日に英国とロシアで初めて感染者が確認され、二十六カ国・地域の百五十人以上に達した。
 中国では延長した春節(旧正月)休暇が三日に明けるのを前にUターンラッシュが始まっており、感染がさらに広がる恐れが出ている。予防措置として北京市は一月三十一日夜、市内の企業に対し、今月九日まで社員を在宅勤務させるよう求める通知を出した。
 米政府は三十一日、新型肺炎について緊急事態を宣言し、十四日以内に中国に滞在したことがある外国人の入国を拒否するなど厳格な措置を取る方針を発表した。二日から発動する。

関連キーワード

PR情報

新型コロナ(ニュース)の新着

記事一覧