本文へ移動

大自然の美 切り取る 富山で「ナチュラリスト」写真展

2021年2月8日 05時00分 (2月8日 10時30分更新)
会員の作品が並ぶ会場=富山市西中野町の市科学博物館で

会員の作品が並ぶ会場=富山市西中野町の市科学博物館で

 県認定の自然解説員で構成する任意団体、県ナチュラリスト協会の会員が撮影した写真展「自然に魅(み)せられて」が、富山市科学博物館(西中野町)で開催されている。十四日まで。
 会場の二階ロビーには、富山市内の各地から見える弥陀ケ原など大自然の写真が約二十枚並んでいる。作品には植物や昆虫、県鳥のライチョウなどが収められ、担当者は「撮影者それぞれの視点で自然を切られているので、写真から垣間見える撮影者の感性を楽しんでもらえたら」と呼び掛けた。
 会期中の開館は午前九時〜午後五時。観覧料は大人五百三十円、高校生以下無料。(長森謙介)

関連キーワード

PR情報

富山の新着

記事一覧