<MIKAWAサーチ> (17)古墳数、県内1位の豊橋

2021年2月8日 05時00分 (2月8日 11時04分更新) 会員限定
国指定史跡の「馬越長火塚古墳」。石室の入り口が異界へと通じているかのような雰囲気が漂う=豊橋市石巻本町で

国指定史跡の「馬越長火塚古墳」。石室の入り口が異界へと通じているかのような雰囲気が漂う=豊橋市石巻本町で

  • 国指定史跡の「馬越長火塚古墳」。石室の入り口が異界へと通じているかのような雰囲気が漂う=豊橋市石巻本町で
  • 道路脇からも石室の様子がうかがえる「宮西古墳」=豊橋市石巻本町で
  • 豊橋市に古墳が多い理由を解説する岩原所長=豊橋市文化財センターで
 「古墳のまち豊橋」−。過去に豊橋市が発行した広報紙をめくっていたら偶然、このキャッチフレーズが目に留まった。地元の有力者たちの眠る古墳の数が、豊橋市は県内の自治体でずばぬけて多いのだとか。判明しているだけでも約七百四十基。二位の豊川市の二倍近くを誇っている。「なぜ、これほどまでに集中したのか」。古代のミステリーを解きに出掛けた。 (酒井博章)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧