本文へ移動

マイナス5度の本拠から23度のタンパへ…チーフスは温度差との戦いも 【スーパーボウル】

2021年2月7日 16時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
タンパに到着したチーフス(AP)

タンパに到着したチーフス(AP)

 米フロリダ州タンパで7日(日本時間8日)開催されるNFL頂上決戦スーパーボウル(SB)に出場するAFC王者チーフスが6日、本拠地のミズーリ州カンザスシティーからタンパに到着した。米スポーツ専門局ESPN(電子版)などが伝えた。QBパトリック・マホームズ(25)とアンディ・リード監督(62)は、ともに赤いネクタイを締めて決戦の地に降り立った。
 例年SB出場チームは試合1週間前から現地入りするが、今回は新型コロナウイルス対策のため本拠地で調整。5日に移動するプランもあったが、リード監督が同カード対決で勝利した昨年11月30日と同じ日程にこだわり6日の移動となった。ただ、現在カンザスシティーは寒波が到来しておりこの日の最高気温はマイナス5度。温暖なタンパの試合日最高気温は23度の予報で、急激な温度差を経験することになりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ