本文へ移動

終末期の子に安らぎを 安曇野で「ホスピス」考えるシンポ

2021年2月7日 05時00分 (2月7日 14時33分更新)
子どもホスピスの必要性を訴える白鳥さん(中)ら=安曇野市で

子どもホスピスの必要性を訴える白鳥さん(中)ら=安曇野市で

 終末期医療を受ける子どもと家族が過ごす施設「子どもホスピス」の必要性を考えるシンポジウムが六日、安曇野市で開かれ、県内外の約七十人がオンラインで参加した。当事者家族と医療関係者、政治家らが、終末期の子どもと家族を支える仕組みについて意見を交わした。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧