本文へ移動

神戸町に障害者就労支援事業所オープン 個性生かし社会参加促す

2021年2月7日 05時00分 (2月7日 12時58分更新)
開所式で、利用者らが担当する野菜の包装作業について説明する宇野さん(右から2人目)=神戸町神戸の就労継続支援B型事業所「いろどり」で

開所式で、利用者らが担当する野菜の包装作業について説明する宇野さん(右から2人目)=神戸町神戸の就労継続支援B型事業所「いろどり」で

  • 開所式で、利用者らが担当する野菜の包装作業について説明する宇野さん(右から2人目)=神戸町神戸の就労継続支援B型事業所「いろどり」で
  • 「いろどり」のロゴマーク
 一般企業での就労が難しい障害者に働く場を提供する就労継続支援B型事業所「いろどり」が一日、神戸町神戸に開所した。同様の就労支援事業所は、町内唯一。障害のある子を持つ保護者らの発案で始まり、地域の企業や住民の協力を得て開所が実現した。精神障害者や知的障害者など幅広い層を受け入れ、社会参加を促す。 (柳田瑞季)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧