本文へ移動

【楽天】背番号「18」初披露の田中将大が初ブルペンで40球…納得いかない投球には「うにゃあ!」の声

2021年2月7日 11時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
マー君は楽天のユニホームが似合う

マー君は楽天のユニホームが似合う

 大リーグ・ヤンキースから8年ぶりに古巣・楽天に復帰した田中将大投手(32)が7日、沖縄県金武町でのキャンプで初めてブルペンに入り、捕手を座らせて40球を投げ込んだ。
 ほかの選手とは個別メニューで誰もいないブルペンに入り、力強い直球に加え、カーブ、スライダー、カットボール、ツーシーム、スプリットと持ち玉を投じた。ノーワインドアップ、セットポジションから投じ、コースなども指定。ラスト4球は伊志嶺忠ブルペン捕手を右打席に立たせた。納得いかないボールには時々、「うにゃあ!」などとうめき、近くで見ていた石井監督も「マウンド柔らかいでしょ」「音が鳴りすぎるでしょ」などと声を掛け、田中将も笑顔でうなずく場面もあった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ