本文へ移動

森喜朗会長は「OS」で周囲は「アプリ」、だから文句を言えない? 杉村太蔵が女性蔑視発言問題に持論

2021年2月7日 11時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉村太蔵

杉村太蔵

 元衆院議員のタレント杉村太蔵(41)が7日、TBSの情報番組「サンデー・ジャポン」に出演し、女性蔑視発言で紛糾している日本五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)をOS、容認している周辺をアプリに置き換え、声を出すのが難しい関係にあると説明した。
 OSは、ウィンドウズやマックといったコンピューターの基盤となるシステム。アプリはOS内で固有の役割を果たす。
 「森さんは怖いんですか」と尋ねられた杉村は「怖いか怖くないというかよりも、森さんはコンピューターだったらOSみたいなもの。ウィンドウズ森、アイフォン森、ほかの大臣や理事はそこに入っているアプリケーション。アプリがOSに対して文句を言うのは非常に難しい」と例えた。
 森会長が発言した場で笑い声が起こったことに関して「なんでその場で抗議しないんだという気持ちはわかるが、なかななその場で言うのは難しい。理事会やスポンサー、国民が森さんに、どう行動をとるかは注目されると思う」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ