本文へ移動

楽天・三木谷会長、東京五輪の強行開催に疑義「現実的ではなくなってしまった」…「命に次はない」賛同の声

2021年2月7日 09時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・三木谷浩史会長兼社長

楽天・三木谷浩史会長兼社長

 楽天の三木谷浩史会長兼社長(55)が7日、自身のツイッターを更新。東京五輪の強行開催に懐疑的な見解を示した。
 三木谷会長は「五輪はワクチンが前提だと思っていましたが、変異種が出て来ている中、本当にそれ無しでも実施するべきなのか?ちゃんと議論をするべきだと思う」と新型コロナウイルスの変異種の存在を危惧。さらに「世界がコロナに打ち勝った証という高い志は良いと思うけど、それまでに打ち勝てるのは現実的でなくなってしまった。。。」と厳しい状況を指摘した。
 このツイートにフォロワーから賛同するコメントが目立ち「正論ですね!」「オリンピックは次があっても命は次はないです」「中止は国民の失望感を招くので反対だが、24年に延期すべきではないかと思っている」などの声が寄せられた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ