来月で旧国鉄185系「踊り子」定期運用終了 伊豆急が記念特急券発売

2021年2月7日 05時00分 (2月7日 10時05分更新)
「踊り子」の写真をデザインにしたポストカード=伊豆急行提供

「踊り子」の写真をデザインにしたポストカード=伊豆急行提供

  • 「踊り子」の写真をデザインにしたポストカード=伊豆急行提供
  • 185系特急「踊り子」の定期運用終了を記念した硬券=伊豆急行提供
 旧国鉄時代に製造された185系電車による特急「踊り子」が、三月に定期運用を終える。伊豆急行(伊東市)は、これを記念して二月十二日、通信販売で記念自由席特急券を発売する。 (山中正義)
 伊東−伊豆急下田駅間を五区間に分けた硬券五枚と、ポストカード五枚をセットにして二千五十円で販売する。発行部数は三千部を予定し、一人一部のみ購入可能。
 硬券とポストカードは各五種類で、新旧の「踊り子」の写真をあしらうなどしたデザイン。硬券には定期運用が終了する日付が刻印され、「ありがとう185系特急『踊り子』」と記されている。
 十二日午前十時〜十九日午後三時、伊豆急行ホームページ内の応募フォームから購入できる。
 同社の担当者は「185系にもいろいろなカラーがあり、新旧の姿に歴史を感じられる」と話す。
 首都圏と伊豆を結ぶ185系特急「踊り子」は、JR東日本が所有する特急電車で、一九八一年十月から営業運転を開始した。今年三月十二日に定期運用を終える。伊豆急沿線や、三島−修善寺間を「踊り子」が走る伊豆箱根鉄道(三島市)駿豆線の線路沿いには、週末を中心に別れを惜しむ多くの鉄道ファンが訪れ、走行する姿を写真などに収めている。 

関連キーワード

PR情報