本文へ移動

CFで資金集め、「読点」書店開業

2021年2月7日 05時00分 (2月7日 05時00分更新)
「TOUTEN BOOKSTORE」をオープンした古賀さん。選書した料理本や旅行記、小説などが並ぶ=名古屋市熱田区で

「TOUTEN BOOKSTORE」をオープンした古賀さん。選書した料理本や旅行記、小説などが並ぶ=名古屋市熱田区で

 地元愛知で書店を開きたいと活動してきた古賀詩穂子(しほこ)さん(29)=名古屋市中川区=が一月十六日、同市熱田区に「TOUTEN BOOKSTORE(とうてん・ブックストア)」を開いた。クラウドファンディング(CF)で開店資金の一部を集めて実現。「本屋という存在が求められているとあらためて知った。感謝の気持ちでいっぱい」と話す。
 店舗は金山総合駅南口から徒歩七分、沢上商店街の中にある。時計店だった建物を改築した。一階には県産杉の本棚を設置し、雑誌や絵本、話題書など、古賀さんが選んだ三千冊弱を並べた。「売れ行きを見ながら少しずつ冊数を増やしていきたい」という。入り口付近にはコーヒーや焼き菓子などを買えるカフェコーナーも。二階はイベントなどの多目的スペースにした。
 古賀さんが昨秋、本の仕入れ金や工事費の一部を募ったCFには、三百四十六人から四百万円以上の支援が寄せられた。「ふらっと立ち寄れる場所として、在り続けたい」と暮らしの中にある書店を目指す。日曜定休。営業時間は同店ホームページ(店名で検索)から。
 (世古紘子)

関連キーワード

PR情報