本文へ移動

サルファーコスモスが連勝…デアリングタクトに続けるか【中京10R・エルフィンS】

2021年2月6日 16時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 中京10RのエルフィンS(芝1600メートル)は中団につけた5番人気のサルファーコスモス(牝3歳、栗東・中内田)が、外から脚を伸ばし、首差抜け出して連勝。昨年、牝馬三冠に輝いたデアリングタクトがクラシックへの礎としたレースを制した。
 「リズムよく我慢してくれて、直線でしっかりと脚を使えました。内容は良かったですし、いい経験にもなったと思います」と川田。管理する中内田師は「いい内容で勝ちきってくれましたね。馬の成長がうかがえました」と振り返り、今後については「オーナーと相談して馬の様子を見ながら」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ