本文へ移動

垂井町ゆかりの武将らの品々を紹介 垂井と関ケ原で企画展

2021年2月6日 05時00分 (2月6日 12時26分更新)
太刀 銘三条(手前)など垂井町ゆかりの品が並ぶ会場=垂井町のタルイピアセンターで

太刀 銘三条(手前)など垂井町ゆかりの品が並ぶ会場=垂井町のタルイピアセンターで

  • 太刀 銘三条(手前)など垂井町ゆかりの品が並ぶ会場=垂井町のタルイピアセンターで
  • 関ケ原合戦や重門に関する資料が並ぶ会場=関ケ原町の岐阜関ケ原古戦場記念館で
 垂井町ゆかりの武将らを紹介する二つの企画展が、町内などで開かれている。同町のタルイピアセンターと関ケ原町の岐阜関ケ原古戦場記念館の連携事業で、垂井城主・平塚為広や関ケ原合戦時に現在の関ケ原町や垂井町岩手地区周辺を治めていた竹中重門など、郷土の武人や縁のある品々を展示している。いずれも28日まで。 (西村理紗)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報