本文へ移動

観光客質問 AIが回答 南砺市 観光協HPにチャット

2021年2月6日 05時00分 (2月6日 10時11分更新)
 南砺市は、観光客からの問い合わせに人工知能(AI)が答えるチャットボットサービスを、市観光協会のホームページ(HP)で始めた。県内では昨年導入した富山市に次ぐ。
 英語と日本語があり、キーワードを入力すると、AIが答える。「そば」と入力すれば、AIがそばの食べられる店を紹介する。AIは質問が増えるほど学習して回答のバリエーションが増える。
 外国人観光客向けに国の補助を受け約二百三十万円をかけて導入した。新型コロナウイルスで訪日外国人が見込めないため、当面は日本人観光客に利用してもらい、収束後を見据えてAIの知識を蓄積する。
 田中幹夫市長は五日の記者会見で「地元の人が行く店も紹介できるほど成長してほしい。いずれは大雨による通行止めなど災害情報も提供したい」と話した。 (松村裕子)

関連キーワード

おすすめ情報

富山の新着

記事一覧