返却本を72時間隔離や座席減 高山市図書館の予防対策

2021年2月5日 05時00分 (2月5日 11時14分更新) 会員限定
ウイルスが不活性化に至るまで、返却された本を一時隔離する図書館職員=高山市馬場町の市図書館で

ウイルスが不活性化に至るまで、返却された本を一時隔離する図書館職員=高山市馬場町の市図書館で

  • ウイルスが不活性化に至るまで、返却された本を一時隔離する図書館職員=高山市馬場町の市図書館で
 新型コロナウイルス感染症の感染予防対策として、高山市馬場町の市図書館煥章館(かんしょうかん)は、返却された本に仮にウイルスが付着していたとしても、感染する能力を失う「不活性化」に至ると考えられる七十二時間、本を隔離しておくなど、新型コロナ禍以前にはみられなかった対策を続けている。同館の関係者は「利用者の安全のため、できることを徹底している。安心して資料に触れてほしい」と呼び掛けている。 (八重樫智)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

岐阜の新着

記事一覧