流通経大の主砲・新井聖永が本塁打王に意欲 この冬体重増でパワーアップ「打てるだけ打つ」【東京新大学野球】

2021年2月5日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
本塁打王&リーグ優勝に意欲を見せる流通経大の新井聖永外野手

本塁打王&リーグ優勝に意欲を見せる流通経大の新井聖永外野手

  • 本塁打王&リーグ優勝に意欲を見せる流通経大の新井聖永外野手
 東京新大学野球リーグの流通経大で昨秋4番を打った新井聖永外野手(3年・高崎商)が4日、茨城県牛久市のグラウンドで取材に応じた。本塁打王に意欲を見せ、「自分の持ち味は長打と強肩。ホームランは最低ラインが3本。打てるだけ打ってチームを引っ張り、優勝したい」と誓った。流通経大は今春、2018年秋以来の優勝を目指している。
 前橋中央ボーイズ、高崎商で目立った活躍ができなかったことが原動力。「社会人、プロを目指して結果を出して見返したい思いでやってきた。目立たないと先はない。毎日の練習が就活だと思っている」。入学時は182センチ、72キロの痩せ形だったが、1日5食、寝る前には白米3合を日課に増量し、この冬に体重90キロに到達。50メートル6秒2の俊足はそのままにパワーアップもした。
 昨秋は調子が上がらないまま打率2割台、2本塁打に終わった。今春は、創価大の152キロ左腕の鈴木勇、共栄大の小向ら各校のプロ注目エースを打つことが何よりのアピールになる。「去年は抑えられたが、彼らを打たないと優勝もできない」と力を込めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ