本文へ移動

高須院長「ありえない数字」関与は否定 愛知県知事リコール署名

2021年2月4日 22時25分 (2月5日 00時05分更新)
 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)を求めて署名活動をした美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が4日、県庁で会見し、県選管が署名の約8割を無効と判断した調査結果について「ありえない数字が出ている。誰かが、活動をきずものにしようと(正しい署名集めを)妨害したのだろう」と話した。
 高須院長は、無効な署名の約9割を占めた同一筆跡の署名などについて「指示や、不正に気付いて黙認をしたことはない」と強調。活動の中心だった事務局の関与も否定し「次に(大村知事の)リコール活動をする人が立ち上がらないようにするための妨害だった」との見方を示した。
 県選管が地方自治法違反で刑事告発を検討していることには...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧