本文へ移動

森会長の女性蔑視発言でIOC「謝罪した。これをもって問題が終わった」と声明【東京五輪】

2021年2月4日 21時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京五輪組織委員会の森喜朗会長

東京五輪組織委員会の森喜朗会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が4日、東京都内で記者会見した。3日の日本オリンピック委員会(JOC)評議委員会での発言が女性蔑視ではないかと国内外から批判を浴びたことに「五輪の精神に反する不適切な発言だった。深く反省をして、発言を撤回したい」と釈明した。辞任は否定した。国際オリンピック委員会(IOC)はこの日、「森会長は本日、発言を謝罪した。これをもってIOCは問題が終わったと考えている」との声明を出した。
 森会長は3日、JOCがスポーツ庁がまとめた「ガバナンスコード」に沿い、女性理事の割合を40%以上にしようとしていることに関連し「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言。「性差別的」で社会の女性参画の流れにも逆行するほか、新型コロナウイルス感染症の中、五輪準備の中心を担う組織トップの発言でもあり、批判が広がった。
 森会長は発言が「不適切」と認めたうえで「(男女問わず理事は)どなたが選ばれたっていい。数字にこだわると運営が難しくなると、無理なことはなさらない方がいいということを言いたかった」などと真意を説明した。また、重ねて「五輪・パラにおいては、男女平等が明確にうたわれている。アスリートも運営スタッフも多くの女性が活躍しており、大変感謝している」との認識を強調した。
 辞任を求める声については「辞任する考えはない。一生懸命献身的にお手伝いして(開催準備で)7年間やってきたわけなので、自分からどうしようという気持ちはありません」と述べた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ