本文へ移動

すゑひろがりず三島「ドン・キホーテ」で万引Gメンをしていた過去 「50人くらい捕まえた」

2021年2月4日 16時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DVDをPRする「すゑひろがりず」の南條庄助(左)と三島達矢

DVDをPRする「すゑひろがりず」の南條庄助(左)と三島達矢

 お笑いコンビ「すゑひろがりず」の南條庄助(38)と三島達矢(38)が4日、東京都内で海外ドラマ「FBI:特別捜査班」DVDリリース記念ヒット祈願イベントに登場した。
 米ニューヨークを舞台にFBIの精鋭たちがテロ、スパイ、誘拐などの凶悪犯罪に立ち向かう物語。三島はかつて大阪・道頓堀のディスカウントストア「ドン・キホーテ」で店員兼万引Gメンをしていたと告白。大阪で一番万引が多い店だったと言い「万引犯を50人くらい捕まえた」「週1回くらい(の頻度で)捕まえていた」と胸を張った。イベントには「だから呼んでもらったのかな」と言い、FBIの物語とはスケールが違うが「犯罪に大きいも小さいもない」と語気を強めた。
 ナイフを持っている犯人に遭遇したこともあるが、武道の経験はなかったものの勇敢に立ち向かったという。南条が「三島は普段は温厚。声を荒らげたりすることはほぼゼロだが、万引Gメンのときはスイッチが入るらしい」と言うと、三島も人格が変わると認め、犯人を捕まえて「おまえ、人生終わったぞ」と小声でささやいたという。「陰湿デカ」と自虐的に言いながらも「絶対、二度と万引しないように最大限怖がらせてやろうと思った」と説明していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ