本文へ移動

森喜朗会長会見に東国原英夫「勇退された方がかっこよかった」田んぼ聖火リレー「ギャグにも…」

2021年2月4日 15時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東国原英夫

東国原英夫

 元宮崎県知事のタレント東国原英夫(63)が4日、CBCテレビのワイドショー「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」に出演し、東京五輪組織委員会の森喜朗会長(83)の会見を受け、「勇退された方がかっこよかった」と述べた。
 森会長は3日の日本オリンピック委員会(JOC)評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言。女性蔑視と批判が相次ぎ、この日、辞任はせず前言撤回の緊急会見を開いた。
 東国原は会見の印象について「ジェンダーへの深い理解は受け止められなかった。反省、撤回(の発言)は周りから言われたと私は受け止めました」と発言。さらに「コロナがどうであろうと(五輪を)開催する、は強弁、暴論。田んぼを走る、は怒り心頭だった。ギャグにもならない。農業従事者にも、タレントにも失礼。根底にある思想がジェンダーへの意識の薄さにつながっている」と森会長の発言を分析した。
 また、注目される進退については「誰が鈴をつけるかは難しい。森さんは集金能力、世界の人脈の相当な実績がある。招致から開催に向けた森会長の力は甚大だったかもしれないが、それがゼロになる発言は残念」と引退をすすめた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ