本文へ移動

<写信!2021> 高森の造船所で見学会

2021年2月4日 05時00分 (2月16日 14時52分更新)
和船を衝撃から守る「外こべり」を取り付ける船大工=高森町の市田造船所で

和船を衝撃から守る「外こべり」を取り付ける船大工=高森町の市田造船所で

  • 和船を衝撃から守る「外こべり」を取り付ける船大工=高森町の市田造船所で
  • 船大工の道具箱。多くが特注品という=高森町の市田造船所で
  • 製造過程の説明を受ける見学者=高森町の市田造船所で
  • 船体に合わせて曲げた船釘をリズミカルに打ち込む。船大工は音で何の作業をしているか分かるという=高森町の市田造船所で
 川下りなどに用いる天竜川の和船文化を知ってもらおうと、和船の運航会社などでつくる天竜川和船文化保存会が、今年も、高森町下市田の市田造船所で造船見学会を開いている。七日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報